より本質に近い“データの価値”を追求できる場所


HIDEYA KATO
加藤 英也

営業・プランナーを経て、エンジニアとして活躍

もともとはマーケティングコミュニケーション・経営を大学で勉強しており、新卒でネット専業の広告代理店に就職後も営業・プランナーとして多くの案件に関わりました。数年後とある海外プロダクトの日本展開プロジェクトに携わったことが縁で株式会社サイバーエージェントに入社。プランニングの力だけではなくエンジニアリング・プロダクト開発の重要性を感じてエンジニアに転向し、複数の子会社の広告プロダクトを中心に実際の開発やエンジニアのマネジメントに従事しました。その後顧客データを格納分析するプロダクトの責任者となり、データ・ドリブンマーケティングに必要なシステムの開発に取り組みました。

どんな時でもクライアントと一緒に課題と向き合う

2018年にLegolissに取締役としてジョインし、またデータソリューション事業部の責任者として各分野の大手のお客様と一緒にデータを活用したマーケティングの設計・実装のお手伝いをしています。サイバーエージェントでプロダクト開発をしていたタイミングからは予想もしないくらい市場も大きくなり、これまでデジタルデータを扱うことがなかった企業でもCDP(Customer Data Platform)の導入が進んでいます。オンライン・オフラインを問わず、企業と接点を持つユーザの情報がマーケティングをする上で非常に重要となり、ユーザの解像度をいかに上げていくか、より適切なタイミングとメッセージをそれぞれに届けるために時には企業側の担当者と一緒に課題に向き合いながら構築を行なっています。

より本質に近いデータの価値を追求できる場所

企業のデータを責任を持ってマーケティングに活かしていく、そんな価値・仕組みづくりとチームづくりを頭をフル回転させながら進めています。ただのシステム開発・分析・広告だけではなく、データを使ったマーケティングそのものを一気通貫して考えることができるパートナーとして幅広くお声がけいただいています。より本質に近いデータの価値を追求することができる環境が整っていることが、Legolissの魅力のひとつです。今後は機械学習・AIや新しいプロダクトの開発など、データを活用する企業がよりその活用の幅を拡げていけるサービスの拡充を行なっていきたいと思っています。

※所属、内容は取材時時点のものになります。