酒井 克明 酒井 克明
MESSAGE CEO

酒井 克明

SAKAI KATSUAKI

SEとしてキャリアをスタートした後、ネット専業広告会社でSEM入札ツールの開発や、アクセス解析ツールを活用したコンサルティングを推進。その後、ネットベンチャーにて新規事業開発責任者、広告主側でのマーケティング責任者を経て総合広告会社である朝日広告社へ。デジタル部門長として、コンサルティングチームの立ち上げ、アドテクノロジーを使用したアトリビューションマネジメント、トレーディングデスクの立ち上げ、DMPを活用したマーケティングソリューション開発等、テクノロジーとマーケティングを融合したソリューションを推進。その後博報堂グループのモデューロ取締役に就任。データセラー型DMPを軸に、DSP、3PAS等のアドテクノロジーを組み合わせたマーケティングソリューションをブランド広告主向けに提供。2015年4月より株式会社Legolissを起業しデータを軸にしたマーケティング支援事業を展開。

様々な「世界初」を、ここから。

データが融合の鍵となる

テクノロジーとマーケティングの融合。オンラインとオフラインの融合。マーケティング業界ではよく語られる永遠のテーマです。しかしながら、このテーマを具現化できている企業はないと言っても過言ではありません。
私たちLegolissは、「データ」こそが両者の融合を推進してくれる鍵であり、エンジンともなる存在であると確信しており、リアル/オンラインに問わず、あらゆるデータに目を向け、そのデータに溺れることなく、様々な視点から活用の可能性を見出し具現化する。そんな唯一無二の存在を目指しています。

積み重ねた先にしかイノベーションはない

マーケティング自体が無形の活動のためか、とかくこの業界は風呂敷を広げ壮大な構想を思い描きがちです。最終的なゴールを思い描くことはもちろん大切です。ですが、それが絵に描いた餅にならないためには、スモールサクセスを積み重ねるしかありません。Legoブロックのように一つ一つのパーツは形も色も違う小さなパーツでも、それらを一つ一つ積み重ねていくことで、大きな形を成していく。大きなイノベーションを起こしていくために、私たちLegolissは、この積み重ねを大事にする文化の企業でありたいと考えています。

ありがとうを大切に

私がビジネスをしていく上で大切にしていること、それは「ありがとう」を言い続けよう。「ありがとう」と言っていただけるよう価値を提供し続けようということです。
共に仕事をしている仲間に。協力を惜しまないパートナーの皆さんに、私たちを信頼してビジネスを共にしてくれるお客様に。感謝をしっかりと言葉にすること。そして言い続けること。「ありがとう」をたくさん言える人間にしか「ありがとう」が返ってくることはありません。これは、Legolissの創業にあたり、そしてLegolissを経営して行く上で最も大切にしている想いです。